月刊 社労士受験 8月号

月刊 社労士受験
定価1,620円(本体価格:1,500円)

8月号の特集1は「白書・統計~直前期だからこそ一気に完成!~」、特集2は「複合問題対策(労働科目編)」です!



ページ見本「特集1」(PDF)

ページ見本「特集2」(PDF)

音声ファイルダウンロード&試聴

目次

●特集1 白書・統計~直前期だからこそ一気に完成!~
一般常識科目の学習範囲に含まれる白書・統計の内容は広範囲にわたっているため、効率のよい学習が必要となります。本特集では「労働経済白書」、「厚生労働白書」、各種統計資料の出題可能性のある項目にポイントを絞り、重要な論点についてみていきます。
●特集2 複合問題対策(労働科目編)
本試験の択一式問題では、5つの肢すべて異なる分野から出題される“複合問題”が増えてきています。複数分野の知識を短時間で効率よく頭の中から出し入れできるよう、オリジナルの複合問題を題材に、解説、まとめの図表でトレーニングします。
●五肢択一式答練 総合問題(社会保険編①)
「五肢択一式答練」は、五肢から速く・正確に正答を選び出す力をつけるのはもちろん、解説を合わせて読むことで知識をさらに増やすことを目的としています。音声解説講義付きで理解が深まります!
●選択式答練 総合問題(社会保険編①)
「選択式答練」では、択一式では出題されにくいが選択式では出題されそうな条文や知識を選んで出題していきます。この答練を通じて、20個の選択肢の中から正解肢を選び出すテクニックを身につけましょう。
●雇用保険は行政手引からほぼ4割出る!?
近年、雇用保険法は行政手引と呼ばれる業務取扱要領からの出題がほぼ4割にも上っています。この連載では、行政手引を根拠とする五肢択一式の問題を通して、より本試験に即した実戦的なトレーニングをしていきます。
●通達で学ぶ労働契約法
労働契約法は出題頻度が高く、近年では条文からの出題のみならず、条文の解釈についての「行政通達」からの出題が散見されます。この連載では平成24年通達及びその後の改正通達を中心に紹介し、条文の細かな定義までをチェックしていきます。
●短期間で合格をつかむ!時短学習法
社労士試験の合格に「頭の良し悪し」や「年齢」は、関係ありません。必要なのは、合格するための「勉強法」です。社労士受験生を合格へと導いてきた時短学習法アドバイザーが、短期合格のノウハウを教えます。
●社労士のお仕事
社労士受験生の方々に、社労士の仕事や考え方、エピソードなどをお伝えしていきます。「社労士試験に合格したら…」と想像しながら読んでください。きっと勉強のモチベーションが上がるはずです!
●持ち歩いて覚える! 数字の単語帳
社労士試験では避けて通れない重要な数字をまとめた単語帳です。カード状に切り取ってホルダーでまとめれば持ち運びに便利。通勤時間や昼休みなどのスキマ時間を利用して暗記に努めましょう!
●5分で覚えるプチ講座
スキマ時間を活用できるよう、5分にまとめた各科目の重要ポイントを朗読する音声のみの企画です。付属CDまたはダウンロードでお聞きください。※誌面解説は付いていません。
●150分の音声CDを標準付属
実力派講師陣による音声講義を収録した音声CDを付属。CDに収録されている音声ファイルはホームページからダウンロードすることもできます。