第10期メールマガジン・バックナンバー

★豊富な問題演習!! 最新の法改正情報!! 合格力を身につける!!★
労働調査会 「月刊 社労士受験」メールマガジン 毎週金曜発行

メルマガ Vol.6(2017/10/13)

*********************************************************************
労働調査会 「月刊 社労士受験」メールマガジン 毎週金曜発行
2017/10/13 Vol.6
http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/
**********************************************************************

   読む! 聴く! 実力がつく!
 ★ 次の受験で絶対に合格したい受験生のための必読メールマガジン ★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ Vol.6

■労災保険法「休業補償給付」について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは。「月刊 社労士受験」編集部です。

来年の試験に向けて9月から勉強を開始された方は、そろそろ自分なりの学習ペ
ースができてきたでしょうか。今の時期は、とにかく基本テキストを繰り返し読
むことが大切です。暗記するのではなく、理解しようとして読むことで、頭に深
くインプットすることを目指します。週末にしかまとまった勉強時間を確保でき
ない、という方も多いかと思いますが、電車の中やお昼休みなど、隙間の時間を
見つけてなるべく基本テキストを開き、毎日少しずつでも触れるようにすると良
いでしょう。日々の生活の中に無理なく学習を取り入れるよう心掛けてください。


◆◇ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月刊社労士受験11月号は好評発売中!

11月号の特集1は「早版!改正法(中編)〜平成30年度社労士試験は法改正で
こう変わる〜」です。
改正箇所をあらかじめ押さえておくことは、今後の学習効率を上げるためにとて
も有効です。改正箇所について「知識の差替え」をし、これからの学習を効率的
に進めていきましょう!

◎お得な定期購読で月刊社労士受験をペースメーカーに! すでに10月号をお
持ちの方には、「11冊購読」がおすすめです!
≫≫http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/form/subscription.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇

さて、ここからは労働者災害補償保険法(労災保険法)について解説をしていき
ます。

労災保険は、労働者が業務上の災害に遭い、傷病にかかったり障害をもったり、
死亡したときに、使用者に財政的な補償能力があるか否かにかかわらず、被災労
働者が平等に補償を受けられるよう設けられた制度です。
保険料は事業主のみが負担し、保険給付は労働者に直接支給されるため、他の社
会保険と違って「被保険者」という概念がないのが特徴です。
なお、通勤も業務に付随する行為なので、労災保険では通勤途上の災害について
も補償を行っています。

「業務災害」や「通勤災害」の認定基準については大変重要で、毎年出題される
項目です。月刊社労士受験11月号48頁で詳しく解説していますので、確認して
みてください。


さて、労災保険において、業務災害により労働者が休業する期間、所得を補償す
るのが「休業補償給付」です。
労働不能で賃金を受けない日の第4日目(通算でよい)から支給され、1日につ
き給付基礎日額の60/100の額となります。
ただし、所定労働時間のうち一部分のみ労働する日については、給付基礎日額か
ら一部労働に対する賃金を控除した額の60/100が支給されることとなります。

以下に具体的な金額を挙げて確認しておきましょう。

—— ≪全部労働不能の場合≫ ————

平均賃金相当額(給付基礎日額)10,000円

(1)事業主から賃金を受けない場合
→10,000円×60/100=6,000円支給

(2)事業主から6割未満の金額(6,000円未満)を受けた場合
→10,000円×60/100=6,000円支給

(3)事業主から6割以上の金額(6,000円以上)を受けた場合
→休業補償給付は支給されない

全労働不能であっても、事業主から6割以上の金額を受け取っていると支給され
ません。逆に6割未満であれば、全額支給されます。


—— ≪一部労働不能の場合≫ ————

平均賃金相当額(給付基礎日額)10,000円
一部労働に対する賃金4,000円

(1)事業主から労働部分以外の金額を受けない場合
→(10,000円−4,000円)×60/100=3,600円支給

(2)事業主から一部労働の賃金のほか「10,000円−4,000円」の6割未満の金額
(3,600円未満)を受けた場合
→(10,000円−4,000円)×60/100=3,600円支給

(3)事業主から一部労働の賃金のほか「10,000円−4,000円」の6割以上の金額
(3,600円以上)を受けた場合
→休業補償給付は支給されない

一部労働した場合も、事業主から労働部分以外に6割以上の金額を受け取ってい
れば支給されず、6割未満であれば支給されます。


労働の対価以外の支払いがあると混乱してしまいますが、上記の例を思い出し、
落ち着いて計算してみてください。
それでは最後に、過去問を解説します。


問:業務上の傷病による療養のため労働することができないために賃金を受けな
い労働者として休業補償給付を受けていた者の労働関係が労働契約の期間満了に
よって解消した場合には、療養のため労働することができないために賃金を受け
ない状態にあるとはいえず、引き続いて休業補償給付を受けることはできない。
(H21)

答:× 引き続いて休業補償給付を受けることができる。
保険給付を受ける権利は、労働者の退職によって変更されることはなく、労働関
係が期間満了によって解消した場合であっても、引き続き給付を受けることがで
きます。


問:業務上の事由又は通勤による負傷が治った後に義肢の装着のため再手術、機
能回復訓練等を行うために休業する場合には、療養のため労働することができな
い場合に該当しないので、休業補償給付又は休業給付は、支給されない。(H16)

答:○ 設問のとおり。
治った後は、休業(補償)給付は支給されません。義肢の装着のため再手術、機
能回復訓練等を行うために休業する場合であっても、治ゆ後であるため、休業補
償給付は支給されません。


休業初日から第3日目までの待期期間は、休業補償が支給されないため、事業主
が労働基準法第76条に基づく休業補償をしなくてはなりません。この点にも注意
してください。


◆◇ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月刊社労士受験11月号は好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇

=11月号 CONTENTS=
---------------------------------------------------------------------
○特集1「早版!改正法(中編)〜平成30年度社労士試験は法改正でこう変わる
〜」
社労士試験は、どの科目についても毎年多くの法改正事項があるのが特徴です。
再受験の人は、一度は基本テキストの内容をインプットしているのですから、改
正点だけをまとめて押さえておくことで、学習を効率化できます。
今月号では、年金法以外の下記科目の改正内容につき、7月までに改正が決まっ
ている事項を先取りしてお伝えします!
平成30年度試験に向けて、いち早く「知識の差替え」をしましょう!

1.労働安全衛生法
2.労働者災害補償保険法
3.雇用保険法
4.健康保険法
5.一般常識

※音声解説付き
---------------------------------------------------------------------
○特集2「ゼロからはじめる法律入門(2)」
条文の読み方を基礎から学ぶ、対話形式の法律入門編。
---------------------------------------------------------------------
○答練 〜労働者災害補償保険法〜
「五肢択一式答練(※音声解説付き)」
「選択式答練」
---------------------------------------------------------------------
○科目講座 〜労働者災害補償保険法〜
「インプット合格講座(※動画解説付き/HPにて配信)」
「インプット基礎講座」
「アウトプット一問一答」
---------------------------------------------------------------------
○連載「社会保険の沿革」「通達で学ぶ労働契約法」

※11月号の詳細はこちらから。ページ見本、音声試聴もあります!
≫≫http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/book/sh-2017-11.html

◆◇定期購読者大募集!◆◇
※詳細・お申込みはこちらから
≫≫http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/form/subscription.html

◎定期購読特典
〈特典1〉断然お得!購読料が12%割引 しかも送料込み
〈特典2〉社労士ネット模試Vol.1が50%割引
〈特典3〉別冊「勝つ!社労士受験」シリーズが10%割引
〈特典4〉合格者お祝い制度(「直前出題予想」との特別割引セットお申し込みの
方)
※試験直前の1日セミナー「直前出題予想」の詳細はこちらから
≫≫http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/yosouseminar.html


◆◇ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「勝つ!社労士受験 基本テキスト2018年版」 好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇
社労士試験合格に必要な基本事項を一冊に凝縮! 膨大な試験範囲から各科目に必
須の情報を条文ベースできちんと押さえて1冊に収めた、リーズナブルでありな
がら本試験まで使える基本テキスト。解説が厚くなってさらに分かりやすくなり
ました。見やすい2色刷り。「月刊社労士受験」との併用で万全の試験対策!

「勝つ!社労士受験 基本テキスト2018年版」
A5判/894頁/小林 勇 監修/山川靖樹の社労士予備校 著/本体3,000円
※ページ見本・お申込みはこちらから
≫≫http://www.chosakai.co.jp/publications/19517/

**********************************************************************
▼発行 労働調査会 出版局
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-4-5 調査会ビル
http://www.chosakai.co.jp/
★問い合わせ TEL:03-3915-6415(月刊 社労士受験/編集部)
http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/form/inquiry.html
★メールアドレスの変更・解除
http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/mail-magazine/mm-check.php
**********************************************************************
■このメールマガジンを許可無く転載することを禁じます。
  All Contents Copyright (C)2017 Roudou Chousakai