第10期メールマガジン・バックナンバー

★豊富な問題演習!! 最新の法改正情報!! 合格力を身につける!!★
労働調査会 「月刊 社労士受験」メールマガジン 毎週金曜発行

メルマガ Vol.28(2018/04/06)

*********************************************************************
労働調査会 「月刊 社労士受験」メールマガジン 毎週金曜発行
2018/4/6 Vol.28
http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/
**********************************************************************

   読む! 聴く! 実力がつく!
 ★ 次の受験で絶対に合格したい受験生のための必読メールマガジン ★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ Vol.28

■厚生年金保険法「遺族厚生年金の支給停止」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは。「月刊 社労士受験」編集部です。

新年度となる4月は、様々な制度の変更の時期です。
雇用・労働関係の制度変更としては、障害者の法定雇用率の引上げ、労災保険率
の改定、労災保険の家事支援従事者に係る特別加入制度の新設などがあります。
この時期は特に注意して、知識を更新しておきましょう。

◆◇ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5月号は好評発売中!
◎特集1は「通達で学ぶ労基法〜労働基準法は『解釈総覧』から攻略せよ〜」で
す!
http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/book/sh-2018-05.html

※「インプット合格講座」動画解説本日公開!
http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/lecture.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇

さて、ここからは厚生年金保険法について解説します。

遺族厚生年金は、被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時、その者によっ
て生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫又は祖父母に支給されます。
妻には年齢の要件はありませんが、夫、父母、祖父母の場合は55歳以上であるこ
と、子、孫の場合は18歳の年度末までの間にあるか、20歳未満で1、2級の障害
状態にあり、かつ現に婚姻をしていないことが要件となります。

遺族厚生年金の支給要件については「月刊社労士受験3月号」41〜42頁で、年金
額については53〜55頁で解説していますので、ご覧ください。

遺族厚生年金にはいくつかの支給停止事由が定められています。
メルマガVol.24では障害基礎年金の支給停止について確認しましたが、年金の支
給停止や失権については出題頻度が高い項目なので、しっかり押さえておきまし
ょう。
以下に、遺族厚生年金の支給停止について整理しておきます。


—— ≪1. すべての者に共通する支給停止≫ ————
労働基準法による遺族補償を受けられるときは、死亡の日から6年間、支給停止
されます。


—— ≪2. 老齢厚生年金の受給権を有する場合≫ ————
遺族厚生年金(受給権者が65歳に達しているものに限る)は、その受給権者が老
齢厚生年金の受給権も有するときは、老齢厚生年金の額に相当する部分の支給が
停止されます。

つまり、老齢厚生年金が全額支給され、遺族厚生年金は差額のみの支給となりま
す。


—— ≪3. 夫、父母又は祖父母に対する支給停止≫ ————
夫、父母又は祖父母に対する遺族厚生年金は、受給権者が60歳に達するまでの期
間、支給停止されます。

ただし、夫に対する遺族厚生年金は、その夫が同時に遺族基礎年金の受給権を有
するときは支給停止されず、2階建て年金としてセットで受給できます。


—— ≪4. 子に対する支給停止≫ ————
配偶者が遺族厚生年金の受給権を有する間は、子に対する遺族厚生年金は支給停
止されます。

ただし、配偶者が3、5、6(1)の事由で支給停止となっている間は、子は支給停止
となりません。
配偶者が支給停止の申出を行った場合は、遺族基礎年金と異なり、引き続き子に
対する遺族厚生年金は支給停止されます。

◆◇ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎「社労士ネット模試2018」Vol.1 開催中!
◆「社労士ネット模試2018」はポイント解説動画付きです。講義担当は、社労士
受験指導のプロフェッショナル:北村庄吾講師です。この解説動画を見れば、本
試験を見据えた「模試の本当の活用法」がわかります!(※Vol.1の解説動画は4
月17日公開です)
※お申し込みはこちら≫≫http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/trial/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇

—— ≪5. 配偶者に対する支給停止≫ ————
配偶者に遺族基礎年金の受給権がなく、子が遺族基礎年金の受給権を有する場合
は、その間、配偶者の遺族厚生年金は支給停止されます。

これは、配偶者と子が生計を同一にしていない場合を想定しています。子が遺族
基礎年金を受給しているときは、子が2階建て年金としてセットで受給できます。

ただし、子に対する遺族厚生年金が6(1)の事由(行方不明)で支給停止されてい
る間は、配偶者は支給停止されません。


—— ≪6. 受給権者が行方不明の場合≫ ————
(1)配偶者又は子の所在が1年以上明らかでないときは、遺族厚生年金の受給権を
有する子又は配偶者の申請によって、所在不明となった時に遡って、支給停止さ
れます。

(2)配偶者以外の受給権者が2人以上いる場合で、うち1人以上の所在が1年以上
明らかでないときは、その者に対する遺族厚生年金は、他の受給権者の申請によ
って、所在不明となった時に遡って、支給停止されます。

所在不明として支給停止された者は、いつでも、停止の解除を申請することがで
きます。

それでは最後に過去問を解説します。

問:遺族厚生年金における遺族の順位のうち、配偶者と子は同順位であるが、配
偶者と子の双方に遺族厚生年金及び遺族基礎年金の失権若しくは停止事由がない
場合には、配偶者の遺族厚生年金が優先されて子の遺族厚生年金の支給がその間
停止される。(H18)

答:○ 設問のとおり。
配偶者と子は同順位ですが、原則、配偶者が優先されます。


問:遺族厚生年金の遺族の順位において、配偶者と子は同順位であるが、配偶者
が妻(国民年金法による遺族基礎年金の受給権を有する者に限る。以下同じ。)の
場合には、妻に遺族厚生年金を支給する間、子(所在不明によりその支給が停止
されている場合を除く。以下同じ。)の支給が停止され、配偶者が夫(国民年金法
による遺族基礎年金の受給権を有する者に限る。以下同じ。)の場合には、子に遺
族厚生年金を支給する間、夫の支給が停止される。(H22)

答:× 後段が誤り。
配偶者が夫(遺族基礎年金の受給権を有する者に限る)の場合にも、子の支給が
停止されます。


遺族厚生年金の失権についても、併せて確認しておくと良いでしょう。


◆◇ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「社労士ネット模試2018」Vol.1 開催中! 
≫≫http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/trial/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇
「社労士ネット模試2018」は、各回の模試内容にテーマがあり、本番に向けて着
実に実力がつきます!Vol.1 のテーマは「頻出論点」です。

模試の結果、全受験生の中での「正解率」が出されます。正解率が70%の問題を
何問解けたのか?これが重要です。さらに、正解率が80%の問題は100%解ける
ようになること、これが合格にとって大変重要なのです。自分がそのレベルにい
るのかどうかを、「ネット模試Vol.1」でチェックしてみてください!

※解答解説・成績表・解説動画等の公開は4月17日です。

-------------------------------------------------------------------

◎「社労士ネット模試2018」7つの特長
1 模試内容にテーマがあり本番に向けて着実に実力がつきます!
2 自宅で模試が受けられます!
3 解答は複数日に分けて入力ができます!
4 動画によるポイント解説がつきます!(模試1回ごとに1時間)
5 模試1回ごとに論点表がダウンロードできます!
6 合否判定と詳細な試験結果分析がわかります!
7 1人1人への弱点指摘とアドバイスがあります!

◎実施時期・各回テーマ
Vol.1 4月 3日(火)〜8月24日(金) 頻出論点
Vol.2 5月 8日(火)〜8月24日(金) 法改正中心
Vol.3 6月 5日(火)〜8月24日(金) 出題形式注意
Vol.4 7月 3日(火)〜8月24日(金) 本試験想定

※詳しくはこちらから
≫≫http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/trial/


◆◇ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月刊社労士受験5月号は好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇
=5月号 CONTENTS=
---------------------------------------------------------------------
○特集1「通達で学ぶ労基法〜労働基準法は『解釈総覧』から攻略せよ〜」
近年の本試験では、「行政通達」からの出題比率が極めて高い状態にあります。こ
の行政通達を集めた逐条解説書「労働基準法解釈総覧」(コンメンタール)を根拠
とした練習問題を通して、行政通達への理解を深めましょう!
※音声解説付き
---------------------------------------------------------------------
○特集2「事例問題で7点アップ(2)」
近年、事例問題の出題が多い労基法、労災法、雇用法、徴収法、国年法、厚年法、
健保法の7科目から、1科目1〜2問を取り上げて詳しく解説し、事例問題への
対応力を強化します。1科目1点ずつ、合計7点アップを目標にチャレンジして
いきましょう。今月号では特に事例問題の出題が多い年金法の科目について見て
いきます。
---------------------------------------------------------------------
○科目講座 〜一般常識〜
※動画解説本日公開!
http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/lecture.php
---------------------------------------------------------------------
○答練 〜一般常識〜
「五肢択一式答練」※音声解説付き
「選択式答練」
---------------------------------------------------------------------
※5月号の詳細はこちらから。ページ見本、音声試聴もあります!
≫≫http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/book/sh-2018-05.html

◎お得な定期購読はこちらから。
≫≫http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/form/subscription.html


**********************************************************************
▼発行 労働調査会 出版局
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-4-5 調査会ビル
http://www.chosakai.co.jp/
★問い合わせ TEL:03-3915-6415(月刊 社労士受験/編集部)
http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/form/inquiry.html
★メールアドレスの変更・解除
http://m-sharoushi.chosakai.ne.jp/me/mail-magazine/mm-check.php
**********************************************************************
■このメールマガジンを許可無く転載することを禁じます。
  All Contents Copyright (C)2017 Roudou Chousakai