正誤表・補遺について(第11期)

本書に以下の誤りがございましたので、ここに訂正させていただきますとともに深くお詫び申し上げます。

(最終更新:2019年8月9日)

発行月号訂正頁訂正箇所
2019年
9月号
特集 第1部
25頁
空欄Nの正解 前年 前々年
発行月号訂正箇所訂正内容
2019年
8月号
CD・ダウン
ロード音声

8月号「特集」
04労基-問4
8月号P55問4 A肢の解説(00分37秒頃~)
音声講義で講師が説明している事例では、
★実際費用 :9,000円
②実際費用の3分の1:3,000円
①徴収金額:3,000円(徴収金額が実際費用の3分の1以下)ですので、徴収金額と実際費用の3分の1の差額部分(②-①)=②3,000円-①3,000円=0円となります。
さらに、講師の音声講義では、★実際費用9,000円-①3,000円=6,000円を賃金としていますが、正しくは上記のとおり、この行政通達では★実際費用ではなく、②実際費用の「3分の1」から①徴収金額を引くので、この理由でも解説は不適当です。
なお、この事例を活かして、②-①が1円以上の賃金とするためには、以下のような説明が適切です。 ★実際費用 :9,000円
②実際費用の3分の1:3,000円
①徴収金額:2,000円(徴収金額が実際費用の3分の1以下)
この場合、②-①=3,000円-2,000円=「1,000円」を賃金とする。
※誌面(設問文、正誤判断及び解説文)には訂正はありません。
発行月号訂正頁訂正箇所
2019年
3月号
特集1
11頁
問3Dの問題文2行目 平成31年4月12日 平成31年7月12日
問3Dの問題文3行目 同年4月から6月まで 同年7月から9月まで
特集1
12頁
問3Dの解説文4行目 4月の前月3月 7月の前月6月
問3Dの解説文5行目 6月 9月
特集1
14頁
設問肢D解説 「もう少し解説すると・・・」内の表を以下のとおりに修正してください。
(誤)
1月
3月前
2月
前々月
3月
前月
4月
出産予定月
5月
翌月
6月
翌々月
(免除)*多胎 (免除)*多胎 免除 免除 免除 免除
(正)
4月
3月前
5月
前々月
6月
前月
7月
出産予定月
8月
翌月
9月
翌々月
(免除)*多胎 (免除)*多胎 免除 免除 免除 免除

※講義も同様に訂正いたします。

発行月号訂正頁訂正箇所
2019年
2月号
特集1
23頁
Dの解説文1行目 車賃、「移転費」及び着後手当 車賃、「移転料」及び着後手当
2019年
1月号
特集1
3頁
図の下の囲み内5行目 (平成21年8月7日) (平成21年8月17日)
2018年
11月号
付属CD-ROM 「特集2」音声ファイル名 10月号2「特集2」01.MP3
10月号2「特集2」02.MP3
10月号2「特集2」03.MP3
11月号2「特集2」01.MP3
11月号2「特集2」02.MP3
11月号2「特集2」03.MP3