2020年度社労士試験対策セミナー開催のお知らせ

2020年度社労士試験対策セミナー
「直前出題予想 合格必須ポイント30選 2020」

2020年度(第52回)本試験合格に向けて、社労士試験対策セミナー「直前出題予想 合格必須ポイント30選 2020 」を東京・大阪の2会場で開催します!

本試験まで1か月、知識を詰め込んだけれどポイントが絞れない!残りの期間で何をやったらよいかわからない!という時期にうれしい直前セミナーです。

人気講師・山川靖樹先生がズバリ出題予想! あと1か月で押さえるべきポイントを30項目にまで厳選して絞り込み、参加者だけに直伝します。

生講義ならではの緊張感と集中力を体感できる、価値あるイベントです。

ぜひご参加ください!

過去の開催模様

直前出題予想 開催日時・会場

■2020年7月19日(日)
東京会場:JA共済ビル カンファレンスホール
  9:40 ~ 17:15(予定)
  講  師:山川 靖樹
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル1F
TEL:03-3265-8716
○東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町駅」4番出口 徒歩2分
■2020年7月26日(日)
大阪会場:ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター
  9:40 ~ 17:15(予定)
  講  師:山川 靖樹
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島6-2-19
TEL:06-6302-5571
○JR新幹線「新大阪」駅より徒歩5分
○地下鉄御堂筋線「新大阪」駅7番出口より徒歩5分
○地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅1番出口より徒歩5分
●受講料 東京、大阪会場ともに 12,000円(税込み)

参加者のみの特典!

【1】本セミナーのための特製テキスト
講師を務める山川靖樹先生が長年の経験をもとに分析したオリジナルの出題予想を直伝します。
【2】ズバリ予想問題集
実戦感覚を養う五肢択一問題を収録。本試験までの1カ月間に最適な予想問題集です。
【3】フォローアップメール
科目別の総まとめをセミナー後にメールで配信します。

3ステップで合格力を磨く!

1 受講効果を高める事前小テスト
受講券と一緒に「事前小テスト」をお送りします。「事前小テスト」は、セミナーの中で解答を解説します。受講前に理解度をチェックしてセミナーに臨むことで、受講効果がぐんと高まります。
2 生講義で学ぶ重要30ポイント
本試験までに必ず押さえておくべき30のポイントを山川靖樹先生がわかりやすく解説します。1日で全科目の重要ポイントを効率よく押さえられます。オリジナル特製テキストを使用(当日配布)。
3 予想問題集とフォローアップメール
山川先生監修の「ズバリ予想問題集」は、直前期専用に編纂した五肢択一式の問題集です。また、総まとめの“フォローアップメール”を配信します。セミナーの後も本試験直前までフォローします。

予想問題集の解説DVD

「ズバリ予想問題集」の解説DVDを会場にて販売します。解説はもちろん山川靖樹先生。予想問題集の詳しい解説を収録した、会場販売限定のDVDです。

定価 5,000 円(税込み) DVD 1枚(2時間)


プログラム

9:10 開場
9:40 ~ 9:45開会の挨拶、諸注意
9:45 ~ 10:35労働基準法
10:35 ~ 10:50労働安全衛生法
11:00 ~ 11:40労災保険法
11:40 ~ 12:20雇用保険法
13:05 ~ 13:35労働保険徴収法
13:35 ~ 14:25国民年金法
14:35 ~ 15:25厚生年金保険法
15:25 ~ 15:55健康保険法(前半)
16:05 ~ 16:25健康保険法(後半)
16:25 ~ 17:15一般常識
  • ※ プログラムは変更になることがあります。
  • ※ 進行の都合上、多少の変動がある場合があります。
  • ※ 当日は受講券と筆記用具をお持ちください。テキストは当日配布いたします。
  • ※ 事前小テストは当日会場にて答え合わせをします。
  • ※ 昼食は各自でご用意ください。

講師

 山川 靖樹(社会保険労務士、山川社労士予備校講師)
講師:山川 靖樹
1961年、長崎県出身。立命館大学法学部卒業後、広告代理店に勤務。1994年、社会保険労務士試験に合格。1995年、大手資格予備校社労士講座専任講師就任。全国の受験生を対象にしたビデオ講師を務めるなど、10年以上にわたり、看板講師として活躍。その後、自らが独学で学習した経験から、独学せざるを得ない学習環境にある受験生に「質のよい講座を低価格で」提供すべく、2009年、山川社労士予備校を開講。得意としてきた直前・答練講座を武器に、初級講座すべてを完全無料で公開し、講義品質の良さを実際に体感してもらう新しい予備校スタイルを確立。京都府社会保険労務士会所属。

(「月刊社労士受験」定期購読中の方もこちらから)