正誤表・補遺

月刊社労士受験 正誤表・補遺

本書に以下の誤りがございましたので、ここに訂正させていただきますとともに深くお詫び申し上げます。

正誤表・補遺について(第14期)

発行月号 訂正頁 訂正箇所
2022年 7月号 25頁 D 3~4行目 その他の政令で定めるものを除く)でない限り、 その他の政令で定めるものを除き、
2022年 5月号 6頁 上から9行目 一方、平均賃金を求める場合には、⑥、⑦以外には除外される賃金はありません。 一方、平均賃金を求める場合の賃金総額からは、①臨時に支払われた賃金、②3箇月を超える期間ごとに支払われる賃金、③法令又は労働協約等の定めに基づかない現物給与以外は除外されません。
13頁 標的問題 解説文4行目 保険料納付済期間の月数が48か月 保険料納付済期間の月数が50か月
2022年 4月号 55頁 ポイント 保印紙保険料 印紙保険料
58頁 A1 3行目 被保険者手帳 日雇労働被保険者手帳
68頁 上から9行目 最低する場合 裁定する場合
2022年 3月号 10頁 (原則の)障害基礎年金 枠内1行目 厚生年金保険法 国民年金法
11頁 死亡一時金 枠内1行目 厚生年金保険法 国民年金法
12頁 中高齢寡婦加算 枠内 8行目 同法 (削除)
18頁 被保険者であった期間に応じて政令で定める数の表 被保険者であった期間に係る+被保険者期間 被保険者であった期間に係る被保険者期間
2022年 2月号 52頁 B 解説 7行目 2分の1に相当する月数(60×2分の1=30) 3分の1に相当する月数(60×3分の1=20)
(※編集部注)設問上、平成21年3月までの期間に当たるため
52頁 B 解説 8行目 450(420+30) 440(420+20)
56頁 頁中段 ❷有機事業 ❷有期事業
57頁 Q5 2行目 通知を受けた場合には 通知を受けた場合において延納が認められたときは
57頁 Q5 3行目 1月31日に 1月31日までに
77頁 【国民年金法】下から5行目 観光、保養又はボランティア活動その他 C 以外の目的で 観光、保養又はボランティア活動その他 E 以外の目的で
2022年 1月号 59頁 「事件の概要」本文2行目 最低基準法 最低賃金法
83頁 【厚生年金保険法】01 2行目 厚生労働大臣の許可 厚生労働大臣の認可
2021年 11月号 68頁 70歳以上の高額療養費算定基準額の表 167,000円+(総医療費-558,000円)×1% 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
70頁 問4 7行目 80,100円+267,000円×1%=82,770円 80,100円+(267,000円-267,000円)×1%=80,100円
問4 4行目~10行目まで まずは、被保険者の…(中略)…額が少ないので、支給はありません。 4行目~10行目までを削除
問4 11行目 次に、世帯合算で計算します。 外来個人の適用はかけず、世帯合算の計算からスタートします。
2021年 10月号 いつでもどこでも数字の単語帳 労基29 E 20 18